TEL Line

足底腱膜炎(足底筋膜炎) | 川越市で整体なら村上接骨院

柔道整復師 村上由昭

病態と原因

足底腱膜炎は足の裏にある足底腱膜という足の指から踵に向かって存在する扇状の腱の炎症を指し、足底筋膜炎とも言いますが正式名は足底腱膜炎です。

足底腱膜には2つの機能があり、1つは足底のアーチを弓の弦のように張って支える役目と、もう1つは地面からの衝撃を吸収するクッションの役目があります。

走りすぎや歩きすぎ、長時間の立ち仕事、加齢による筋力の低下、合わない靴を履いた、などで足底腱膜に負担がかかりすぎると付着部の踵の部分に炎症や微細な断裂が繰り返されるようになり、それが足底腱膜炎となります。

参照【済生会病院「足底腱膜炎」ページ

 

足底腱膜炎の症状

足底腱膜炎の症状としては

朝起きてからの1歩目が痛い

・長時間の立位や歩行で痛い

・座ってから動き出すときに痛い

・フローリングなどを裸足で歩くと痛い

などが挙げられます。

 

足底腱膜炎になったら?

もし、長時間の歩行や朝の1歩目に踵が痛くなったら、医療機関を受診してレントゲン検査行いましょう。

長期に渡って足底腱膜炎の症状があるとレントゲンで踵骨棘を言って、踵の部分が足底腱膜に引っ張られて棘(とげ)のように尖ってしまう状態が映し出されます。

【矢印の部分が踵骨棘】

痛みが強く歩行に支障があるときは必要に応じてインソールや痛み止めなどで炎症を落ち着かせます。

炎症が落ち着き、ある程度動けるようになったら整体治療や運動療法、ストレッチなども効果的です。

 

病院や整形外科では?

基本的には電気治療・ストレッチ・マッサージ・インソール作成などの保存療法がメインとなります。

最近では足底腱膜炎の治療に体外衝撃波治療を行っている病院も増えてきました。

体外衝撃波治療とは、以前から腎臓や尿路の結石を細かく砕いて、尿として排出させやすくする治療にもちいられていた圧力波の一種である衝撃波を、痛みのある部分に照射することで、痛みを取り除ぞく治療です。

足底腱膜炎には低エネルギーの衝撃波を用いるので骨が砕けることはありません。

体外衝撃波治療は難治性の足底腱膜炎で6ヶ月以上保存療法の治療をしても効果が見られないケースで用いられることが多いようです。

【体外衝撃波治療】

 

当院での足底腱膜炎の治療について

・足底腱膜炎を早く治して普通に歩きたい!

・痛みなく仕事やスポーツがしたい!

・再発しないように根本から治したい!

当院の足底腱膜炎治療は多くの方を軽快に導いております。

詳しくはこちらをタップしてください。

 

足・踵の痛み:足や踵の痛みについて

踵骨骨端症:子供の踵の痛み治療

有痛性外脛骨:足首内側の痛み


 

当院ではクライアント様に安心して施術を受けて頂けるように、新型コロナウィルス対策として以下の取り組みを行っております。

【皆様へのお願い】

1、体調不良(熱がある、咳が出る等)はもちろんの事、来院前にご自宅で体温を計って頂き、微熱(37.5度以上)がある場合は連絡をいただいたうえでキャンセルをお願いします。

キャンセル料等は必要無いので遠慮なくお申し出ください。(無断キャンセルは対象外です)

2、当院では普段から施術ごとのうがい、手洗いを実践しております。

皆様におきましても、感染リスクを減らすためにご希望の方はご来院の際に洗面所に行ってうがい、手洗いをお勧め致します。

受付にアルコール消毒もありますのでそちらもご使用ください。

洗面所にてうがい用の紙コップや除菌のハンドソープを用意してあります。

普通のタオルも掛けてありますが感染の機会を増やさないためにもペーパーの使い捨てハンドタオルをご用意しております。そちらをお使いください。

 


当院での対応としては以下になっております。

1、ベッドは施術が終わるたびにベッドを除菌消毒致します。

2、枕タオル等もいつもより頻度を上げて洗濯・交換しております。

3、お顔に直接触れる部分には必ず使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

4、施術の際には必ずマスクを着用して施術をおこないます。

5、ドアノブや接触のあるところもアルコール系、除菌系のスプレー等でこまめに拭いております。

6、1人施術が終わるたびにうがい、入念な手洗いを実践しております。

7、加湿器:ウイルスの不活化に強い効果を発揮する次亜塩素酸水を希釈して加湿器で空間除菌をしております。

8、空気清浄機:当院では空気中に漂うウイルスなどPM 0.1レベルの微細な粒子を自動で99.95%除去するDyson社製空気清浄機を一日中稼働しています。

9、こまめに院内の空気を換気しております。

ウイルスは見えないだけに厄介ですが自身の体調管理、情報取得も大事です。
あまり一般マスコミの報道に惑わされないように気をつけながらも最大の警戒をしてください。
このような形で運営しておりますので安心してご来院いただければと思います。