TEL Line

半月板損傷 | 川越市で整体なら村上接骨院

柔道整復師 村上由昭

病態と原因

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨(スネの骨)との間にある軟骨で内側と外側にあり膝にかかる負担を分散したり、クッションの役目をしています。

その半月板が損傷して欠けたり亀裂が生じてしまうのが半月板損傷です。

放置しておくと変形性膝関節症を引き起こす可能性がありますので早期の対応が必要です。

半月板損傷は膝に体重がかかった状態でねじったり、衝撃が加わったことで発症し、前十字靭帯の損傷を合併することもあります。

半月板損傷の多くはスポーツでの損傷(外傷性)ですが、加齢によって長年半月板に負担がかかり、日常生活動作でも起こることがあります。(非外傷性)

参照【日本整形外科学会「半月板損傷」ページ

 

半月板損傷症の症状

半月板損傷の症状としては

・膝の運動時痛や歩行時痛

・曲げ伸ばし時の引っ掛かり感

・関節水腫(膝に水がたまる)

・ロッキング(突然膝が動かないくなり、激痛で歩けなくなる。)

・膝崩れ(膝が抜けるようにガクッとなる)

などが挙げられます。

 

半月板損傷になったら?

もし、スポーツ中の怪我によって急激に膝が痛くなり、腫れや歩行時痛が起こった場合は患部をアイシングしてサポーターや包帯で固定して、医療機関を受診してMRIなどの画像検査行いましょう。

MRI検査で半月板損傷と診断された場合は、必要に応じて関節内注射などで炎症を落ち着かせます。

炎症が落ち着き、ある程度動けるようになったら整体治療や運動療法なども効果的です。

徐々に痛みが出現したケースでも、レントゲンやMRI検査などで確認後、整体治療や運動療法などの保存療法で効果が期待出来ます。

病院や整形外科では?

半月板損傷は断裂の状態によって以下のように分類されます。

保存療法ではヒアルロン酸注射や電気治療・運動療法・マッサージなどのリハビリテーションをまずは行います。

半月板の断裂が大きく、保存療法でも痛みや引っ掛かり感が残ってしまう場合は手術を行います。

通常は関節鏡視下手術で半月板を切り取る切除術と縫い合わせる縫合術の2種類があります。

断裂の程度や状態によって治療法が変わります。

当院での半月板損傷の治療について

当院では半月板損傷の痛みは必ずしも損傷した半月板が起こしているものではないと考えています。

というのは、半月板には血管・神経の分布が乏しく外縁の30%の部分しか血管・神経が分布していないので痛みを感じにくい組織なのです。

また、50代から高齢者のほとんどに半月板の摩耗や損傷があるが、全員が痛みを起こしている訳ではないのです。

では、半月板損傷の痛みの原因はどこにあるのか?

キーワードは【膝関節のねじれ】です。

膝関節が怪我や長年の負担によりねじれが生じて、正常な関節運動が出来なくなることで半月板や周囲の組織に摩耗や損傷が生じて炎症が起こり、それが痛みとして生じていると考えています。

どうしたら膝のねじれを取り除き、半月板損傷の痛みを改善することが出来るのか・・

詳しくはこちらをタップしてください。

 

ひざ痛:腰痛の説明と治療法について