〒350-1137 埼玉県川越市砂新田88-3 ジョイフル21-1F
東武東上線「新河岸(しんがし)」駅 徒歩5分 駐車場:店舗前に4台あり

  日祝
午前
午後

平日9:00~12:00/15:00~20:00 土曜9:00~13:00

お気軽にお問合せ・ご相談ください

049-227-3533

坐骨神経痛治療

公開日:2021年11月17日
更新日:2022年 6月10日

こんなお悩みありまんせか?

  • お尻から脚がしびれる、痛い(川越市・50代・女性)
  • 立っている、歩くと脚が痛くなる(川越市・40代・女性)
  • 立ち上がる動作でお尻から脚が痛い(ふじみ野市・40代・男性)
  • ブロック注射したが効果なかった(川越市・60代・女性)
  • ロキソニンやリリカも効かなかった(川越市・50代・男性)
  • 痛みで長時間座っていることが出来ない(ふじみ野市・50代・女性)
  • 手術するしか方法が無いと言われた(川越市・60代・女性)

お任せください!
当院の関節トレーニング療法&
神経整体で解決できます!

村上整体院 院長の村上です。

このページを書いている私は、柔道整復師・整体師として 20年以上、担当した利用者様数80,000人を誇り、仕事が出来ない、スポーツが出来ない多くの方々を社会復帰・スポーツ現場復帰できるまで回復させてきた実績があります。

坐骨神経痛について

坐骨神経は、末梢神経(脳と脊髄以外の身体の神経)の中でも最も太くて長い神経です。

一番太い所で大人の親指くらいの太さがあります。
腰椎第4、5神経と第1~3仙神経からはじまり、お尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

簡単に説明すると、坐骨神経痛は太い神経が腰骨の隙間から出て、骨盤をくぐり抜けて、お尻から出るまでのどこかで、神経が圧迫されて引き起こされるお尻や足のしびれ・痛みのことです。

坐骨神経痛は病名ではなく、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などの疾患にある一つの症状です。

坐骨神経痛の原因

脊柱菅狭窄症による坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因としては腰椎周辺の原因で起こるものと臀部周辺の原因で起こるものがあります。
 
腰椎周辺での原因
・腰椎での坐骨神経の圧迫 など
 
臀部周辺の原因
・梨状筋症候群
・上臀皮神経障害
・骨盤の歪み
・仙腸関節障害 など
 
ごく稀に腫瘍、帯状疱疹、糖尿病などが影響することもあります。
 
このように多くの原因があるので、どれが原因で坐骨神経痛を起こしているのかをしっかりと鑑別する必要があります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状として挙げられるのは

・強い痛み
・痺れた感じ
・感覚がマヒした感じ
・違和感
・筋肉のハリ感や突っ張り感
・座っていられない
・歩行困難
・重だるい感じ

などが臀部から大腿・下腿・足の甲などに現れます。

ほとんどの坐骨神経痛が片方の脚に出ますが、まれに左右両方の脚に出ることもあります。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

坐骨神経痛になりやすい人は?

坐骨神経痛になりやすい人の特徴

坐骨神経痛は本当に辛いですよね。

私も10年前にぎっくり腰から腰椎椎間板ヘルニアを発症して坐骨神経痛に苦しみましたのでお気持ちはよく分かります。
(今は、もちろん手術もせずに全く痛みやしびれなくフットサルも出来ていますよ)

坐骨神経痛になりやすい人ってどんな特徴があるのだろう。

多くの坐骨神経痛のクライアント様を診ていると共通する項目がいくつかありますのでご紹介したいと思います。

姿勢が悪い人

【姿勢と椎間板内圧(腰の負担)の関係】

一番多いのは【姿勢が悪い人】です。

私もこのケースに当てはまり、妻からよくスマホやパソコンを見ている時の姿勢が悪いと言われます。

姿勢が悪く、骨盤が後傾して体が前傾(猫背)の人は座っている時に椎間板にかかる負担が上がります。

普通に立っている時を100とすると、座位は140、更に座って前傾だと185と立位での倍近くの負担が椎間板にかかるのでヘルニアになる可能性が非常が高くなります。

座っている姿勢が長い職業(ドライバーや事務職など)の方は座り姿勢にも気をつける必要があります。

よく、自宅の草むしりや庭いじりをしゃがみ姿勢で長時間したあとに腰痛や坐骨神経痛を起こす方がいらっしゃいますが、これも過度に椎間板に負担がかかりすぎたのが原因だと考えられます

肉体労働を行う人

こればかりは仕事なので仕方ない部分があるのですが、やはり多いです。

建設業や製造業などで重いものを持ち上げるような仕事の方は以前から多く来院されますが、最近は、高齢化社会によって介護職の方が腰痛や坐骨神経痛になり通院されるケースが非常に増えています。

自分よりも重い利用者の方を車椅子介助したり、トランスする訳ですから、腰にはかなりの負担だと思います。

太っている人

痩せていると坐骨神経痛にならない訳ではないのですが、どちらかと言うと太っている方のほうが坐骨神経痛になりやすいと思います。

体重が増えることで腰椎や骨盤には負担がかかりますし、特にお腹が出ている方は反り腰になりやすく、その結果坐骨神経痛を起こしやすいので、あまりにも肥満の方は気をつけたほうが良いでしょう。

体の硬い人

身体が固くて柔軟性が欠如している方は関節や筋肉の可動範囲も狭いので、腰椎が詰まりやすくなってしまいます。
 
特にお尻の筋肉(臀筋)や太ももの裏(ハムストリングス)が硬いと骨盤の動きを悪くしてしまうので腰痛や坐骨神経痛に影響します。
 
これは坐骨神経痛に限ったことではなく、身体の柔軟性がある人は、ない人に比べて怪我も少ない傾向にありますので、昔から身体が硬いと諦めずに、少しづつでもストレッチを継続して柔軟性を持つようにしましょう。

年齢的なもの

脊柱菅狭窄症の症状

腰椎椎間板ヘルニアなどは比較的若い、働き盛りの方が多く発症しますが、年配の方は腰部脊柱管狭窄症になりやすいです

腰部脊柱管狭窄症の原因は腰椎の変形や脊柱にある靭帯の肥厚など加齢現象と呼ばれるものがほとんどですので、年配の方で歩行中に足がしびれるといった症状(間欠性跛行と言います)がある方は腰部脊柱管狭窄症を疑って検査を受けるようにしましょう。

ストレス過多や冷え性の人

ストレスや冷え性が原因で腰痛や坐骨神経痛を発症するケースもあります。

仕事に行くと坐骨神経痛が起こる、あの人に会う(あの場所に行く)と坐骨神経痛が起こるなど、神経が過敏に反応する状態になると坐骨神経痛や腰痛が起こります

ストレスで胃が痛くなるのと同じです。

休日や仕事の無い時間を上手く使って、オフでの時間を有意義なものにしてストレスを溜め込まないように心がけましょう。

冷え性の人も血液循環が悪く、坐骨神経痛を起こしやすいので注意が必要です。

整形外科での検査と治療

◆検査
・レントゲン検査
・MRI検査
・整形外科的徒手検査(SLRなど)

レントゲンでは坐骨神経の圧迫までは確認することが出来ないので、不安な方はMRI検査をオススメします。

 

ご注意ください!

今まで痛みがなかったのに、ここ数日で急激に腰や脚が痛くなり、動くのも辛い方は当院を受診する前に整形外科などの医療機関で画像検査をしてください。

(椎間板ヘルニアのMRI画像:秋田県立循環器・脳脊髄センターより)

◆治療
・痛み止め
・血流を良くする薬
・筋肉を緩める薬
・最近では「リリカ」という神経障害性疼痛治療薬が多く処方されます。
・神経ブロック注射
・理学療法:運動・温熱・電機・牽引治療など
・手術:上記の治療法で改善しなかった場合、神経圧迫している部位を取り除く手術を行います。

どうして良くならないの?

坐骨神経痛は臀部から太もも、ふくらはぎ、足までしびれや痛みがが起こり、ひどくなると日常生活にも支障が出てしまいます。
電気・マッサージ・牽引などの施術を行っても軽快せずに、どこに行ったらいいのかお困りの方が当院に多くいらっしゃいます。
坐骨神経痛がよくならない理由としてあげられるのは、痛みの原因を患部にしか見ていないからです。

・腰や臀部・大腿をマッサージする
・腰にブロック注射をする
・腰の牽引をする など

痛みが臀部から下肢にあるので、患部にアプローチ(治療)をするのが当然なのですが、原因=結果ではないのがほとんどなのです。

あなたの坐骨神経痛の原因がどこにあるのか?をしっかりと見ていないといつまで経っても悪循環に陥ってしまうのです。

村上整体院ならどうする?

腸腰筋(左)と多裂筋(右)

当院は、JTAフラッシュリプロ療法という筋肉の出力を上げることで正常な脊柱や骨盤の関節運動を取り戻して回復に導く施術方法を使用して多くの坐骨神経痛の患者さまを改善してきました。

特に、坐骨神経痛の場合、身体の前面の腸腰筋という筋肉と後面の多裂筋という筋肉どちらかが出力低下をおこし、その結果、周りの筋肉や関節に負担がかかり痛みを起こしますので、その2つの筋肉にアプローチして筋出力を上げる施術を行います。

例えば、腸腰筋に筋力低下が起こると、多裂筋が過剰に働き反り腰となり、その結果、腰椎の椎間孔が狭くなり坐骨神経痛を起こします。その場合、腸腰筋や連動して動く内側ハムストリングスなどの促通を行い反り腰を改善して圧迫を改善します。

逆に多裂筋に筋力低下を起こすと、腸腰筋が過剰に働き、その結果、猫背になり椎間板などに負担がかかり腰椎椎間板ヘルニアを発症して坐骨神経痛を起こします。その場合、多裂筋や連動して動く内転筋を促通することで腰椎を正常な状態に近づけて改善します。長期に不調がある場合は胸椎などの背骨全体の筋の出力の低下も考えられるのでそちらにもアプローチします。

仙腸関節に原因があり坐骨神経痛を起こしている場合、AKA(関節運動学的アプローチ)やAKSと言った仙腸関節に軽い刺激を入れて本来ある僅かな動きを回復することで仙腸関節の異常を改善して坐骨神経痛を取り除きます。

それ以外の原因として、坐骨神経痛の原因が内臓やストレスが腰痛の原因である場合、原因がストレスなのか?内臓が原因なのか?またはそれ以外の外的要因なのかを検査によって確認します。

そして、エネルギー療法によって重心バランスを整えるとともに原因にアプローチすることによって重心が安定してエネルギー循環が改善されて痛みや動きが良くなります。

必要に応じて食事・飲み物・身につけるものなどの改善を行っていただきます。

患者さま、一人ひとりの原因部位を見極めてて施術を行います。

これらのアプローチ方法によって、坐骨神経痛が軽快されて行くのです!

坐骨神経痛の施術では川越市内だけでなく、ふじみ野市、さいたま市、富士見市などの近隣の地域からも来院して頂いております。

坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談ください。

あなたを笑顔にするために、精一杯診させて頂きます。

坐骨神経痛治療の流れ

問診票の記入

まず、問診票に症状を記入して頂き、痛みが出ている箇所や普段からお悩みの事などをお書きください。

分からないこと、詳しく書けないことは問診で詳しくお聞きします。

カウンセリング

『どんな時に』痛みを感じられるのか、不安を感じられているのか、あなたが日常の生活で困っていることをなどを伺います。

また、普段服用している薬の有無や、整形外科での検査の結果などもお聞きすることがありますので、わかる範囲で教えて下さい。

カウンセリングをして、今後どのような状態になりたいか、ゴールの設定を行います。

検査

現在、あなたの身体の状態がどうなっているのか、かたくなっている筋肉の箇所や骨格の歪んでいる箇所を動きが悪くなっている動作の確認をしていきます。

丁寧に検査をしていくことで痛みや症状の原因となる箇所や身体の悪いクセなどもわかります。

施術&アフターケア

必要に応じてエネルギー調整を行った後に筋肉の硬さや骨格の歪みを表面ではなく深部から取り除いて行きます。

身体の奥からジワッと緩んでいくのを感じることが出来ます。

ボキボキするような痛みのある施術ではなく、ソフトな施術で身体がキレイに整っていきます。

ご自宅でも、少しの時間でもお体のケアが出来るように自宅で出来るストレッチやセルフケア、姿勢のアドバイスなどをさせて頂きます。

お会計・次回予約

お会計が済んだら、次回のご予約の確認をします。ご希望の日時に予約を入れられるように、予定表やスケジュールの確認をしておくことお勧めします。

これで、施術の流れは終了です。また、次回宜しくお願いします。

強い治療ではないのに楽になるのが不思議です。

川越市のSさん(41歳)


【どのような症状がありましたか?】
椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛と病院で言われて昔からお世話になっていた整体に通っていたのですが、なかなか思うように良くならなかったので知り合いの紹介で来院しました。

【村上整体院に通院して、どのような改善がありましたか?】
そんなに強い治療ではないのですが、しっかりと効果が出ます。通院を重ねるとたびに効果として実感出来ました。

※個人の感想であり成果や成功を保証するものではありません。

【村上整体院より】
この患者様のお悩みに対しては骨盤(仙腸関節)の動きをつけるAKS治療と関節トレーニング治療(フラッシュリプロ療法)が効果的でした。腰椎の正常な関節運動を取り戻しながら、腰を支えている筋力の低下(サボり)を改善して、しっかりと腰や骨盤を支えられるようにしたところ痛みが改善しました。

辛い坐骨神経痛から開放されました!

川越市のKさん(40歳)
【どのような症状がありましたか?】
右側坐骨神経痛と腰痛。以前子供がオスグッドで通院していて良くなったので、問い合わせしたら坐骨神経痛の治療もされているとの事でしたので来院しました。
 
【村上整体院に通院して、どのような改善がありましたか?】
最初の治療後、身体が温かく、とても心地よかったことを憶えています。治療数回行うようになって、しびれや痛みが改善されて生活に支障がなくなりました。

※個人の感想であり成果や成功を保証するものではありません。
 
【村上整体院より】
この方もメインは関節トレーニング治療(フラッシュリプロ療法)です。あとはストレスが原因にあったのと、重心バランスが崩れていて、重心が崩れていたのでエネルギー治療で重心バランスを整えて、右半身に負担がかかり過ぎないようにしました。
その結果、坐骨神経痛の痛みが改善されて、日常生活動作も痛みなく出来るようになりました。

その痛み、諦めないで下さい!

自分の身体に真摯に向き合い、生活習慣を見直す事で坐骨神経痛は改善していきます。
当院では、坐骨神経痛を根本から改善したい方が多く来院しています。

私(院長)もかつて腰痛から椎間板ヘルニアになり辛い想いをした経験があります。

私は以前の私のように、日常生活の痛みで苦しんでいる方のお役に立ちたいという思いで治療させて頂いております。

本気で治したい方のご連絡をお待ちしております。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
049-227-3533
受付時間
平日9:00~12:00/15:00~20:00
土曜9:00~13:00
定休日
日曜・祝日・土曜午後

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

049-227-3533

<受付時間>
平日9:00~12:00/15:00~20:00
土曜9:00~13:00
※日曜・祝日・土曜午後は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/4/6
【休診のお知らせ】
5月12日(木)は研修会参加につき休診となります。

村上整体院

住所

〒350-1137 埼玉県川越市砂新田88-3 ジョイフル21-1F

アクセス

東武東上線「新河岸(しんがし)」駅 徒歩5分 駐車場:店舗前に4台あり(隣の不動産屋さんと共用)

受付時間

平日9:00~12:00/15:00~20:00
土曜9:00~13:00

定休日

日曜・祝日・土曜午後