TEL Line

野球肘(上腕骨内側上顆炎) | 川越市で整体なら村上接骨院

柔道整復師 村上由昭

病態と原因

肘の内側にある上腕骨の内側上顆という部分には手首や指を曲げる筋肉が多くついています。

日常生活よりは野球の投球やゴルフのスイングなどで痛める事が多く、特に少年野球では痛みを我慢して投球を続けていると、筋肉の付着部の骨が引っ張られて剥離骨折を起こしてします事がありますので注意が必要です。

少年野球選手の約20%に野球肘が発生すると言われています。

野球肘は肘の内側に発生する内側側副靱帯損傷(内側型)と肘関節の外側に発生する離断性骨軟骨炎(外側型)の2種類があります。

内側型のほうが圧倒的に発生頻度が多く、特に少年野球で多く発症します。

投球動作により肘の内側には引っ張られる力が働きます。これが繰り返されることで少年期では靭帯が付着している成長軟骨の部分が剥がされてしまいます。高校生以上になると靭帯自体が損傷されて断裂を起こします。

外側型の野球肘は上腕骨と橈骨が投球動作により衝突する力が繰り返しかかり、関節軟骨を損傷してしまいます。

こちらのほうが発生頻度は低いですが重症になることが非常に多いので、一度医療機関を受診して精密な検査を受けるようにしてください。

>>日本整形外科学会「野球肘」

 

上腕骨内側上顆炎の症状

野球肘(上腕骨内側上顆炎)の症状は

・投球動作で肘が痛い

・ゴルフスイングで痛い

・手首を動かすと痛い

・肘の曲げ伸ばしで痛い

などが挙げられます。

 

上腕骨内側上顆炎になったら?

もし、スポーツ中の怪我によって急激に肘が痛くなり、腫れや動作時痛が起こった場合は患部をアイシングしてサポーターや包帯で固定して、安静を保ちましょう。

ますは医療機関でレントゲン検査やエコー検査などの画像検査で骨の剥離の有無を確認します。

必要に応じて消炎鎮痛剤や注射などで炎症を落ち着かせます。

骨の剥離の有無に関係なく、しばらくの間は投球禁止にして患部を安静にします。

骨の剥離がなく、炎症が落ち着き、ある程度動けるようになったら整体治療や運動療法なども効果的です。

剥離があった場合は一定期間の患部の安定の後、整体治療や運動療法などの保存療法で効果が期待出来ます。

ここで無理をして投球を続けてしまうと回復に時間がかかってしまうことがあります。

 

病院や整形外科では?

原則的には保存療法がメインです。

症状によって湿布や痛み止め、サポーター固定、ステロイド注射や電気治療・運動療法・マッサージなどのリハビリテーションをまずは行います。

痛みを起こす動作を禁止して患部の安静を第一に行います。

保存療法でも効果がない場合や以下のケースでは手術が行われます。

・高校生以上の内側型野球肘で靭帯断裂があるもの

・内側型野球肘で剥離した骨片が関節内に入り込んでロッキングを起こしたもの(関節ねずみ)

・外側型野球肘で離断性骨軟骨炎の症状が強いもの

 

当院での野球肘の治療について

・野球肘を治して早く復帰したい!

・痛みなくゴルフをしたい!

・再発しないように根本から治したい!

当院の上腕骨内側上顆炎治療は多くの方を軽快に導いております。

詳しくはこちらをタップしてください。

 

ひじ痛:腰痛の説明と治療法について

テニス肘:テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の説明と治療について

トップページへ