TEL Line

腰椎分離症・すべり症 | 川越市で整体なら村上接骨院

柔道整復師 村上由昭

病態と原因

腰椎分離症は骨が発達途中の中学生ころにジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

分離症はケガのように1回の強い外力が原因で起こるというよりは、スポーツなどの繰り返しの練習で腰をそらしたり、ねじったりする事で起こります。いわゆる「疲労骨折」の1つと考えられています。

一般の人でも約5%の人に分離症が起こりますが、スポーツをしている人では30~40%の人が分離症になっています。

 

腰椎すべり症は腰椎が前後にずれてしまっている状態です。
腰椎分離症が原因で起こるすべり症(分離すべり症)と、分離に伴わない背骨や椎間板などの変性によって起こる(変性すべり症)とに分けられます。

変性すべり症は明らかな原因は不明ですが、年齢によって腰椎を固定している組織が変性を起こして、腰椎の安定性がなくなり発生します。

変性すべり症は高齢の女性に多く発症します。

分離すべり症も変性すべり症も好発部位は4番腰椎で、診断にはレントゲンやMRI、などを用いた検査を行います。

参照【日本整形外科学会「腰椎分離すべり症」ページ

 

腰椎分離症・すべり症の症状

腰椎分離症・すべり症の症状としては

・腰痛:特に身体を反らすと痛い

・坐骨神経痛:お尻から大腿(太もも)裏側の痛みやしびれ

・間欠性跛行:すべり症がひどくなると歩くと痛くなり、座って休むと楽になるという「間欠性跛行」という症状が現れます。

などがあげられます。

青少年期の腰椎分離症は主に身体を反らすとベルトのラインに腰痛が起こるのがメインで、すべり症になると腰痛と坐骨神経痛が出現するようになります。

 

腰椎分離症・すべり症になったら?

もし、急激に腰が痛くなり、同時に坐骨神経痛が出現して動くこともままならない場合は安静やコルセットをしながら活動を加減することが必要です。

特に1~2週間は炎症が非常に強く、安易にマッサージなどをすると更に痛みが悪化することがありますので、まずは医療機関を受診してMRIなどの画像検査と消炎鎮痛剤や座薬などで炎症が落ち着くのを待ちましょう。

神経ブロック注射の一時的に痛みを抑えるには効果があります。(ただ、根本的に治すものではありません。)

炎症が落ち着き、ある程度動けるようになったら整体治療や運動療法なども効果的です。

徐々に痛みが出現したケースでは特に安静は必要ないので整体治療や運動療法などの保存療法で効果が期待出来ます。

病院や整形外科では?

腰椎分離症では保存療法が第一に選択されます。

コルセット固定による安静と痛み止めの服用、ブロック注射などを行います。保存療法で骨がつかない場合や、症状がなかなか改善せずに続くような場合は、手術で骨をつなげます。

腰椎すべり症では、自覚症状が腰痛のみの場合は、コルセット装着や鎮痛剤など分離症と同様の保存療法が行われます。
坐骨神経痛や筋力低下などの神経症状がある場合にも保存療法を行い、それでも改善しない場合や日常生活に支障をきたす場合は固定術などの手術治療が行われます。

 

当院での分離症・すべり症治療について

・分離症を治してスポーツに復帰したい!

・すべり症だけど手術はしたくない!

・再発しないように根本から治したい!

当院の分離症・すべり症施術は多くの方を軽快に導いております。

詳しくはこちらをタップしてください。

 

腰痛:腰痛の説明と治療法について


坐骨神経痛:坐骨神経痛の種類と解説、改善法


腰部脊柱管狭窄症:脊柱菅狭窄症の解説と改善法


腰椎椎間板ヘルニア:ヘルニアの解説と改善法