TEL Line

腰部脊柱管狭窄症 | 川越市で整体なら村上接骨院

柔道整復師 村上由昭

病態と原因

脊柱菅狭窄症とは背骨にある神経の通り道である【脊柱管】が狭くなって神経を圧迫してしまう病気です。

加齢や骨格により骨や靭帯などが変形したり、椎間板というクッションが突出して椎間板が狭くなり、脊髄が圧迫されて腰の痛みや坐骨神経痛の症状を起こします。

椎間板ヘルニアと比較すると50代以上の方に多く発症する傾向にあります。

特に「間欠性跛行」が典型的な症状で、歩くと症状がひどくなり、座って休むとまた歩けるようになります。

参照【日本整形外科学会「腰部脊柱管狭窄症」ページ

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状としては

・腰から臀部~下肢への痛みやしびれ(腰痛や坐骨神経痛)

※下肢痛はヘルニアほど強くはなく、安静時や座っているときは軽快しますが、歩行は立位の姿勢でいると悪化する傾向にあります。

・間欠性跛行(歩くと痛みがひどくなり、腰を曲げて休むと症状が楽になる。)

・歩くときに杖やカートを使用すると比較的楽に歩けます。

・排尿や排便障害

などがあげられます。

【間欠性跛行】

 

腰部脊柱管狭窄症になったら?

ヘルニアと違い、急激に悪化するというよりは徐々に症状が現れて症状が酷くなっていくケースが多いです。

手術が早急に必要なケースは排尿障害(尿が出ない、尿もれがする)や排便障害と起こしている時と、筋力低下が進行している時です。

しかし、そこまで我慢する人はまれで、多くの方が痛くて長時間歩けない、ほとんど歩けないなどの日常生活動作に支障がある人なので、整体治療でも効果を出すことが可能です。

日常生活動作の見直しも同時に行う必要があります。

 

病院や整形外科では?

病院や整形外科でMRI検査などで腰部脊柱管狭窄症と確定したら、まずは消炎鎮痛剤やブロック注射などで痛みをコントロールします。

その後、痛みが落ち着いてきたら、牽引や運動療法などをおこないますが、症状がなかなか改善しない場合や、痛みが強くてい日常生活に支障が出てしまうケースなどでは手術の適応になります。

手術治療大きく分けては除圧術と固定術の2つに分けられます。

除圧は骨や靭帯や椎間板を削り、脊柱管を拡大する方法です。固定は背骨にぐらつきがある場合や大きなずれがある場合に行います。

 

当院での脊柱菅狭窄症施術について

・手術するのが怖い、したくない

・だんだん歩ける距離が短くなってきた

・根本から治してまた動けるようになりたい

当院の脊柱菅狭窄症施術は多くの方を軽快に導いております。

詳しくはこちらをタップしてください。

 

腰痛:腰痛の説明と治療法について

坐骨神経痛:坐骨神経痛の種類と解説、改善法について

腰椎椎間板ヘルニア:ヘルニアの解説と改善法について

腰椎分離すべり症:分離すべり症の解説の改善法について

●腰痛や坐骨神経痛でも歩いたほうが良いのか?

●スネや足首が痛い!コレって坐骨神経痛?

●坐骨神経痛になりやすい人の特徴

当院ではクライアント様に安心して施術を受けて頂けるように、新型コロナウィルス対策として以下の取り組みを行っております。

【皆様へのお願い】

1、体調不良(熱がある、咳が出る等)はもちろんの事、来院前にご自宅で体温を計って頂き、微熱(37.5度以上)がある場合は連絡をいただいたうえでキャンセルをお願いします。

キャンセル料等は必要無いので遠慮なくお申し出ください。(無断キャンセルは対象外です)

2、当院では普段から施術ごとのうがい、手洗いを実践しております。

皆様におきましても、感染リスクを減らすためにご希望の方はご来院の際に洗面所に行ってうがい、手洗いをお勧め致します。

受付にアルコール消毒もありますのでそちらもご使用ください。

洗面所にてうがい用の紙コップや除菌のハンドソープを用意してあります。

普通のタオルも掛けてありますが感染の機会を増やさないためにもペーパーの使い捨てハンドタオルをご用意しております。そちらをお使いください。

 


当院での対応としては以下になっております。

1、ベッドは施術が終わるたびにベッドを除菌消毒致します。

2、枕タオル等もいつもより頻度を上げて洗濯・交換しております。

3、お顔に直接触れる部分には必ず使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

4、施術の際には必ずマスクを着用して施術をおこないます。

5、ドアノブや接触のあるところもアルコール系、除菌系のスプレー等でこまめに拭いております。

6、1人施術が終わるたびにうがい、入念な手洗いを実践しております。

7、加湿器:ウイルスの不活化に強い効果を発揮する次亜塩素酸水を希釈して加湿器で空間除菌をしております。

8、空気清浄機:当院では空気中に漂うウイルスなどPM 0.1レベルの微細な粒子を自動で99.95%除去するDyson社製空気清浄機を一日中稼働しています。

9、こまめに院内の空気を換気しております。

ウイルスは見えないだけに厄介ですが自身の体調管理、情報取得も大事です。
あまり一般マスコミの報道に惑わされないように気をつけながらも最大の警戒をしてください。
このような形で運営しておりますので安心してご来院いただければと思います。